ブログ

交通事故事件を弁護士に依頼するメリット

カテゴリー:ブログ 更新日時:2018年12月14日 

 

交通事故事件のご相談・ご依頼をお受けする中で、交通事故事件を弁護士にご依頼していただくメリットは、以下のような点にあると感じています。

 

・ 加害者や保険会社とのやりとりから解放される

交通事故事件を弁護士にご依頼いただいた場合、加害者や保険会社とのやり取りは、全て弁護士を通じて行うことになります。

交通事故の被害にあわれた場合には、加害者や保険会社とのやり取りを行うこと自体が精神的な負担であると感じられる方は少なくないと思います。中には、事故後に、加害者や相手方保険会社から納得の行かない対応をされ、つらい思いをしたという方もいらっしゃいます。

もちろん、弁護士に依頼したからといって、必要な書類を集めたり、相手方からの提案内容を検討したりといったような手間が全く省けるわけではないのですが、相手方とのやり取りを弁護士にお任せいただくことで、精神的なご負担をかなり軽減できるのではないかと思います。

実際にも、ご依頼いただいたことで、ひとまずは安心した、気持ちが楽になった、といったお声をいただくことは少なくありません。

 

・ 適正な賠償金を踏まえた交渉ができる

交通事故による治療が終了された場合(中には保険会社が一方的に治療費の支払いを打ち切ることもありますが)には、保険会社から、損害賠償額の提案があると思います。

ただ、その提案額については、仮に裁判になった場合の見通しを踏まえなければ、適正な提案なのかどうかを検討することは困難です。

このような場合にも、専門家である弁護士が、過去の裁判例などに照らして損害賠償額を計算することで、適正な損害賠償額を踏まえて保険会社と交渉することができます。

特に、保険会社の最初の提案金額は、裁判になった場合の基準よりも低い、保険会社独自の基準で計算されることがありますので、注意が必要です。

どうしても話し合いがまとまらなければ裁判となってしまいますが、交渉段階から弁護士にご依頼いただくことで、裁判になった場合の損害賠償額を踏まえた示談交渉を行うことができ、ご自身で交渉されるよりも高額な損害賠償額を得られる見込みが高くなります。

 

・ 弁護士費用について

弁護士に依頼される場合には、弁護士費用のことが気がかりであると思いますが、交通事故事件のご依頼については、弁護士費用特約のご利用が可能なことがあります。

弁護士費用特約とは、ご自身やご家族が契約されている保険会社が弁護士費用を負担する特約のことで、弁護士費用特約の利用が可能である場合には、相談料や実費等も含めて自己負担は基本的に発生しません。

ご自身が保険に加入していなくても、ご家族が加入している保険でも弁護士費用特約を利用していただける場合がありますので、一度保険会社に問合せをされることを強くお勧めします。

弁護士費用特約によって、金銭的なご負担がなく弁護士に依頼していただける場合には、先に述べたようなメリットがある一方で、デメリットはほぼないといってよいと思います。

ご自身で弁護士費用をご負担いただく場合でも、当事務所HPには弁護士費用の目安をお示ししておりますので、そちらをご参照いただければ費用の見通しをつけていただけます。また、一度弁護士費用がどれくらいかかるか聞いてから依頼するかどうか決めたいという場合にも、是非お気軽にご相談下さい。ご相談していただいた上で依頼しないということでも全く差し支えありません。

 

交通事故の被害にあわれてお困りの方には、弁護士がお力添えさせていただきます。お気軽にお問合せ下さい。