メニュー

ブログ

新型コロナウイルスの影響

カテゴリー:ブログ 更新日時:2020年10月30日 

気がつけば「withコロナ」の生活もずいぶんと長くなってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

弁護士業務に関しては、緊急事態宣言の頃(4~5月)に裁判所の期日がストップしてしまったことはありましたが、それ以降は幸いにして大きな影響はなく進めることができております。

ただ、新型コロナウイルスの影響を受けていることもあります。例えば、市町村のサービスの一環で、弁護士が市町村役場に赴いて住民の皆様から無料で法律相談を承ることがあります。私も先日ある役所での法律相談を担当させていただきましたが、去年までであれば住民の皆様が役所にお越しいただいて対面でお話を伺っていたところを、現在は弁護士が役所から住民の皆様へ電話をかけ、電話にて相談を受けるという形になっております。対面を避けるというのは感染予防の観点からは効果的だと思うのですが、やはり対面で資料等を拝見しながらの方がお話を進めやすいこともあり、電話相談でどこまで十分なお答えができただろうか、と思うことはあります。

当事務所(近鉄奈良駅)周辺の状況に目をやってみると、やはり今年以降大きく状況が変わってしまったと感じます。私が奈良に来たのは弁護士登録をした平成28年12月で、その頃はたくさんの外国人観光客の方がいらっしゃっていました。今は、外国人の方を見かけることがほとんどなく、日本人観光客の姿も多くありません。

最近になって、修学旅行生などを少しずつ見かけるようになりましたが、早く元の生活に戻ることを心から祈っています。

弁護士 大寺健太